HORSES INFORMATIONエーリアル

募集総額
1,500万円
一口出資額
30,000
  •  1月6日 ノーザンファーム空港

  •  12月1日 ノーザンファーム空港

  •  11月8日 ノーザンファーム空港

  •  10月20日 ノーザンファーム空港

  •  9月16日 ノーザンファーム空港

  •  8月19日 ノーザンファーム空港

  •  白老ファームyearling

    性別 メス クラス 新馬
    生年月日 2021年1月22日 生産 社台コーポレーション白老ファーム
    厩舎 美浦 西田雄一郎 リアルインパクト
    毛色 鹿毛 (母の父) サダムグランジュテ (キングカメハメハ)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2023.02.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

      担当者「この中間も坂路調教中心に乗り込みを続けており、週に4回登坂するなど負荷を強めていましたが、そろそろ疲れが出てくる頃なので、今は少し強度を落としています。前捌きの硬さ、右前脚の疲労の蓄積など、引き続きケアしつつ進めていますが、最近はややスクミの症状も窺えるので、その点にも注意しています。それでも全体的に良い成長を遂げていて、当初は頼りなかった動きにも力強さが出てきましたし、気持ちにも前向さがあり、坂路では良い走りを見せていますよ。このまま順調に行けば、早期移動も視野に入りそうですので、心身の更なる成長を促しながら進めていきます」馬体重502kg

    • 2023.01.27 最新情報

      競走馬名が決定しました。

      競走馬名:エーリアル
      欧字表記:Aerial
      意味由来:バトンを空中に投げる技法。父名、母名より連想

    • 2023.01.04 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「引き続き坂路コースでハロン16秒の調教を行っていますが、相変わらず捌きがやや硬く前後の連動性という部分ではこの1ヶ月で急激に良化はしていないものの、前向きに取り組んでくれてはいますよ。常歩からそうなのですが、右前脚を外に振りながら走るので、調教後に疲れも出やすい箇所になっています。それなので、まだしっかりしていない中で前肢に負担が掛かり過ぎないように、気を付けながら調整を行っています。煩いわけではないものの、鞍上とのコミュニケーションという意味でももう少し人を意識して欲しいと思う部分は残っています。当初は年内にハロン15秒までと思っていましたが、こらくらいのペースでもう少しベースを作っていった方が良さそうです」馬体重507kg

    • 2022.12.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~19秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「11月に入ってからも坂路コースと周回コースで乗り運動を続けてきましたが、11月下旬にリフレッシュを挟み、現在は坂路でハロン16秒まで進めることが出来ています。やや硬さがあるものの、動きはしっかりとしていますし、最後まで力強く駆け上がっていますよ。いかにもパワータイプという印象に変わりはありません。トモの緩さはまだあるものの、前後の連動性は徐々に取れてきたかなと感じています。また、ある程度体力も備わってきているようで、ここまで乗り込んでも馬体はフィットして崩れることはありません。敏感さ・繊細さをやや見せつつも、元々性格は良いですし、こちらとしてもしっかりコミュニケーションを取ってきたので、だいぶ落ち着きが出てきましたよ。このまま順調にいけば、年内にはハロン15秒に近いところまで進めてみたいと思っています」馬体重495kg

    • 2022.11.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

      担当者「その後も疲れを見せることなく、順調に調教を進められています。現在は坂路調教のペースをハロン18秒から速い時で17秒まで上げ、さらに周回コースでも長距離の乗り運動を開始し、2,500mをハロン30秒ほどのゆったりとしたペースで乗り込んでいます。多少のトモの緩さ、重苦しさはあるものの、安定感のある走りで、今のペースにもしっかりと対応できています。あとはトモを上手く使えるようになれば、さらに前後が連動し身のこなしも良くなっていくでしょう。どちらかというとスピードや軽快さというよりは、力強いパワータイプという印象を受けています。性格的には、当初はやや敏感な面がありましたが、乗り込みを重ねる毎に徐々に解消されてきています。少しずつ体の使い方が分かってきたことで、精神的な部分でも安定してきたのではないかと考えています。雄大な馬格の持ち主で、飼い葉食いや脚元に問題はなく体調面は良好です。調教に対する前向きさがありつつも、メンタル面は安定しており、ここまで良い状態を維持して進めることが出来ています。課題を挙げれば、トモがまだぎこちなく上手く動いている感じではないので、その辺りは今後の調教で修正していきたいですね。現状でも体力的にしっかりとしていますので、今後も順調な組で進められると思います」馬体重504kg

    LOAD MORE

    動画

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る