HORSES INFORMATIONミクロフィラム

募集総額
2,800万円
一口出資額
56,000
  •  1月12日 ノーザンファーム空港

  •  12月16日 ノーザンファーム空港

  •  11月17日 ノーザンファーム空港

  •  10月21日 ノーザンファーム空港

  •  9月12日 ノーザンファームYearling

  •  8月12日 ノーザンファームYearling

  •  ノーザンファームyearling

    性別 メス クラス 新馬
    生年月日 2021年4月7日 生産 ノーザンファーム
    厩舎 栗東 斉藤崇史 リアルスティール
    毛色 鹿毛 (母の父) ティッカーコード (Giant's Causeway)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2023.02.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「この中間は坂路コース中心の調教メニューで進めています。昨年の暮れにハロン15秒まで負荷を強めてみましたが、ペースアップには対応してくれましたし、このまま継続してもいけなくはなかったものの、今は我慢の時期と捉えてハロン17秒をベースに乗り込んでいます。依然として馬体は小柄なものの、乗り込みを進めていくに連れて楽に動けるようになってきましたし、負荷を強めたことによって飼い葉食いが悪くなったり、リアルスティール産駒特有の硬さが目立つことはありません。走りの感じは良く、この馬なりに力を付けているなと感じますから、今後も馬の状態に合わせて、ハロン15秒の調教に移行していければと考えています」馬体重423kg

    • 2023.01.27 最新情報

      競走馬名が決定しました。

      競走馬名:ミクロフィラム
      欧字表記:Microphyllum
      意味由来:4月7日の誕生花より。本馬の誕生日より連想

    • 2023.01.04 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~19秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「その後も坂路調教と周回コースでの長距離の乗り運動を継続していましたが、昨年12月中旬から坂路コースのペースをハロン17秒まで上げて乗り進めています。入場当初は馬体が幼かったものの、この馬なりに飼い葉を食べて体重は徐々に増えてきましたし、脚元を含めて問題なく乗り進めることが出来ています。トモ高で成長途上ではあるものの、小柄な割には負荷を強めた後も疲れを見せることはなく、元気に調教に取り組むことが出来ています。リアルスティール産駒特有の硬さはあるものの、素軽い走りを見せて素質は十分感じますから、過度なペースアップは控え、今のメニューで乗り進めつつ体力強化を図っていきたいと思います」馬体重419kg

    • 2022.12.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン18~19秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「10月は調教コースに慣らすことを中心に行ってきましたが、11月に入ってからはトレッドミルの馴致も行いました。馴致は特に問題なく終えられましたので、現在は坂路コースでハロン18秒ペースを中心としたキャンター調整を行っています。今の時期の1歳馬としては体力がありますし、大きな馬ではありませんが飼い葉もしっかりと食べてくれるので、調教を続けても体重が減らないのは良い点ですね。まだトモが高く、これから前も伸びてくるでしょうから、成長を阻害しないようにしばらくは現在のメニューでじっくり乗り込んで行くことになるでしょう。リアルスティール産駒らしい前の出の硬さはあるものの、四肢はスッキリしていますし、真面目な性格をしていますから、このままトラブル無くじっくりと乗り込んでいくことが出来そうです」馬体重412kg

    • 2022.11.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

      担当者「この中間はロンギ場でのメニューを経て、周回コースでの調教をスタートしています。また坂路コースでの調教に向けてスクーリングを行った上で、現在はハッキング程度ですが坂路での調教も開始しています。こちらに移動してきてからは問題なく、スムーズに調教を進めることが出来ていますよ。コースで走っている時に苦しがるところもありますが、これに関しては乗り出したばかりですし、これからしっかり乗り込むにつれて体力が付いてくれば解消されてくると思います。普段はリラックスして過ごせていますし、特に手が掛かることはありません。脚元や体調面に問題はなく、飼い葉食いも良好です。当面は馬の状態を見ながら、どんどんピッチを上げるというよりは、乗り込み量を増やして体力作りに重点を置いて進める方針です」馬体重408kg

    LOAD MORE

    動画

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る