HORSES INFORMATIONアルゴナヴィス

募集総額
5,000万円
一口出資額
100,000
  •  1月12日 ノーザンファーム空港

  •  12月20日 ノーザンファーム空港

  •  11月7日 ノーザンファーム空港

  •  10月20日 ノーザンファーム空港

  •  9月12日 ノーザンファームYearling

  •  8月12日 ノーザンファームYearling

  •  ノーザンファームyearling

    性別 クラス 新馬
    生年月日 2021年3月16日 生産 ノーザンファーム
    厩舎 栗東 池江泰寿 ドゥラメンテ
    毛色 黒鹿毛 (母の父) プリティカリーナ (Seeking the Gold)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2023.02.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「この中間も周回・坂路コースを織り交ぜた運動を継続しており、現在もハロン17秒ペースで登坂しています。トモの甘さから前バランスで走るために、坂路を2本登坂すると前脚に疲れが出やすいですね。それに捌きも硬めですから、暖かくなるまでは過度な負担が掛からないように今のメニューで下地を作っていく方が馬のためには良いでしょう。体重が月毎に増えているように、飼い葉食いが実になって着実に成長を遂げていますから、トモを鍛えつつバランスの良い走りが出来るように調教を進めていきたいと思います。調教を進めていくに連れて気持ちがどのように変化していくか注意していますが、ドゥラメンテ産駒の中でも素直で扱いやすく乗りやすいタイプですから、今の状態を維持しながら良化を図っていきたいと思います」馬体重467kg

    • 2023.01.27 最新情報

      競走馬名が決定しました。

      競走馬名:アルゴナヴィス
      欧字表記:Argo Navis
      意味由来:ギリシャ神話に登場する巨大な船の名が由来の星座名。母名より連想

    • 2023.01.04 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「速いペースでどんどん動かしていくと言うよりは、疲れを溜めないように坂路コースだけでなく周回コースにも入れて、乗り込み量を多めに確保している段階です。やはり後肢の弱さから両前にダメージが残りやすく、その影響で捌きはどうしても硬くなってしまいますし、走っている時の可動域も小さくなってくるので、運動後は入念にケアをしています。その中でもこちらへ入場当初から体重が増えてきているように、体付きは立派になって走りにも力強さが備わったなと実感しています。トモがパンとしてくるまでは無理に動かすことは避けるつもりですが、飼い葉食いや気性面は安定していますし、今の感じであれば今月末にはもうひと段階ペースを上げても良さそうですよ」馬体重459kg

    • 2022.12.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「周回・坂路コースでの調教にも慣れてきているので、この中間はペースを上げて運動しています。まだコースに入り始めたばかりということもありますが、登坂中に前バランスになってしまって両前脚に疲れが出てしまうので、運動を継続できるようしっかりとケアしています。馬体も腰回りがまだ細いですし、これから筋力・体力を付けていく段階ですから、体全体を使ったフォームを意識して運動を重ねていけば、春頃には馬体の要所要所に筋肉が付き、トモに幅も出て動きも変わってきてくれるでしょう。性格は走ることに対して前向きですし、集中力がありますよ。馬群の先頭に立って走る勇気もありますし、厩舎からコースへの移動でも落ち着いていて、騎乗していても本馬の賢さが伝わってくるほどです。負荷が高まっても飼い葉を食べていますし、これから冬場にさらに成長してきてくれることと思いますので、成長に添った運動をしていきたいと思います」馬体重451kg

    • 2022.11.01 所有馬情報

      在厩場所:10月4日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

      担当者「先月上旬にこちらへ入場しましたが、環境の変化に戸惑うようなことはなく、飼い葉食い含めてコンディションは良好でしたので、ロンギ場での運動を経て、周回・坂路コースでの調教を開始しています。現在は周回で週1回2,500mのキャンターを行い、坂路では週2回ハロン18~19秒ペースで登坂していますが、トモの甘さに加えて体力不足等の課題はあるものの、この馬なりにバランスは良いですよ。コースで乗り出した後も飼い葉をよく食べてコンディションは良好です。基本的には扱いやすく、この感じであれば今後も前向きに調教に取り組むことが出来るでしょうから、乗り込みを進めながら基礎体力向上に努めていきたいと思います」馬体重427kg

    LOAD MORE

    動画

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る