HORSES INFORMATIONフェンダー

募集総額
3,500万円
一口出資額
70,000
  •  1月13日 ノーザンファーム早来

  •  12月8日 ノーザンファーム早来

  •  11月14日 ノーザンファーム早来

  •  10月13日 ノーザンファーム早来

  •  9月21日 ノーザンファーム早来

  •  8月17日 ノーザンファーム早来

  •  ノーザンファームyearling

    性別 クラス 新馬
    生年月日 2021年1月23日 生産 ノーザンファーム
    厩舎 栗東 斉藤崇史 モーリス
    毛色 鹿毛 (母の父) プリンセスロック (スウィフトカレント)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2023.02.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,700m、残りの日は軽めの調整

      担当者「ここまではハロン16秒ペースを軸に進めていましたが、この中間は15-15まで負荷を掛けています。日によってまだ元気が有り余っているのか、テンションの高いところはありますが、走ることに対しては基本的に前向きですし、唸るような手応えで速めをこなせていますよ。この馬の良いところは何と言っても飼い葉食いが良い点で、こちらでは一度も落ちたことがありません。気性的に煩い馬ですが、飼い葉食いが落ちる心配が無いのは本当に頼もしいですし、現時点では厩舎の中で1,2を争うほど調教が進んでいる馬ですから、このまま無事に調整していくことが出来れば早期デビューも視野に入ってくるでしょう。もう動けるのは分かっているので、引き続き気性面にはくれぐれも気を付けて進めていければと思います」馬体重514kg

    • 2023.01.27 最新情報

      競走馬名が決定しました。

      競走馬名:フェンダー
      欧字表記:Fender
      意味由来:人名より。父名、母名より連想

    • 2023.01.04 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン15~19秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,700m

      担当者「その後も坂路コースと周回コースで順調に調教を進められており、現在は坂路で速い日にはハロン15秒まで負荷を強めています。スピード調教にもしっかりと対応出来ており、このペースでもバランス良く動けていて、手応えや走りのリズムがとても良いですね。脚元の様子や飼い葉食いはペースアップ後も変わりなく、コンディションに問題ありません。精神面は相変わらず普段の様子等にはヤンチャなところは見受けられますが、調教には真面目に取り組めていますので、時間と共に解消してくれると思います。今後についても馬の様子を見ながらしっかりと乗り込んで、心身共に成長を促していく予定です」馬体重509kg

    • 2022.12.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,700m

      担当者「この中間も順調に調教を進められており、現在は週4回の内2回は坂路コースでハロン16秒まで負荷を強めています。緩さが残る中でもペースアップには問題なく対応することが出来ており、坂路ではパワフルな走りを見せていますし、最後までよく動くことが出来ています。性格がヤンチャで馬っ気を見せているものの、基本的には従順で扱いやすいですし、コントロールは許容範囲で収まっています。ハミ受けの方も徐々にしっかり取ってくれるようになっていますが、これから更にペースアップしていくことになりますから、今の内に修正していければと考えています。ここまで順調に立ち上げることが出来ていますが、これから負荷を強めていくことで精神的にも苦しいところが出てくると思いますから、馬の状態にはよく注意しながら進めていきたいと思います」馬体重512kg

    • 2022.11.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

      担当者「この中間も順調に進められていましたので、現在は週2回周回コースで軽めのキャンター2,700mに加え、週4回坂路コースをハロン17秒ペースで登坂しています。トモの緩さからまだハミに頼りがちな走りですが、坂路の本数を増やしたことによって動きが良くなってきました。まだハミ受けが安定せず、右へモタれる課題はあるものの、今のメニューをこなしてトモに力強さが増してくれば、自然と解消してくれるはずです。調教の強度を高めた後も飼い葉食い含めてコンディションは良好ですし、精神的にも苦しいところを見せることなく、素直に調教に取り組むことが出来ています。今後も馬の成長に合わせつつ、より負荷を強めていければと考えています」馬体重508kg

    LOAD MORE

    動画

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る