HORSES INFORMATIONテキサスフィズ

募集総額
1,600万円
一口出資額
32,000
  •  4月14日 ノーザンファーム空港

  •  3月18日 ノーザンファーム空港

  •  2月12日 ノーザンファーム空港

  •  1月13日 ノーザンファーム空港

  •  12月1日 ノーザンファーム空港

  •  11月6日 ノーザンファーム空港

  •  10月7日 ノーザンファーム空港

  •  9月11日 ノーザンファームYearling

  •  8月13日 ノーザンファームYearling

  •  ノーザンファームYearling

    性別 メス クラス 新馬
    生年月日 2019年4月6日 生産 ノーザンファーム
    厩舎 栗東 西園正都 ドレフォン
    毛色 鹿毛 (母の父) シャンボールフィズ (キングカメハメハ)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2021.05.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「この中間も周回コースと坂路コースで乗り運動を続けていますが、全体的な緩さから動きがハミに伝わってくる感じがまだないですね。ですから、もう少し時間を掛けて成長を促して、次のステップに上っても耐えきれるように中身のある運動を心掛けていきたいと思います。馬体の方は段々とメリハリが出てきましたし、コンパクトでバランスの取れた体つきになってきましたが、まだキ甲が抜けきっておらず腰高で、成長の余地を残しています。でも、それだけ伸びしろがあると言うことですから、今後も大事に育てていきたいですね。適度にリフレッシュを挟んでいることもあり、先月より体重こそ減っているものの、飼い葉は残さず食べているので、今後も体調管理に気を配りながらペースアップに備えていきたいと思います」馬体重432kg

    • 2021.04.15 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「この中間も同様のメニューで乗り運動を継続しており、速い日は坂路でハロン15秒台まで脚を伸ばすようにしています。そして、その間に疲労が溜まらないよう適度にリフレッシュを挟むようにしています。その甲斐あって、フレッシュな状態で調教に取り組めていますし、運動後も飼い葉を残さず完食しているぐらいですから、それだけ調子の良い証拠だと思います。以前は前向きな気性に体がついてこず、気持ちだけが先走っていましたが、今では余裕をもって調教に取り組めているように、心身ともに成長している実感できますね。ドレフォン産駒はまだまだ未知な部分が多いですが、父譲りの前向きな気性は評価できるものがありますし、これからどのように成長してくれるのかとても楽しみで仕方ありません。今後も更なるペースアップに備えて、しっかりとした基礎を築いていきたいと思います」馬体重443kg

    • 2021.04.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「過ごし易い春を迎えたのと同時に、体の張り・艶が良くなってきましたよ。それに伴って細い身体から狭く慌てがちだった歩様も、今では伸びやかな歩きへと変わってきましたし、体全体でバランスを取ってくれるようになりました。この中間は坂路に入れる日を増やすなどしていますが、速い日は15秒台まで時計が自然と出るぐらいで、最後まで良い手応えで駆け上がっていますよ。運動量を増やしても苦しいところを見せないですし、前向きに調教に取り組めています。運動後も体調面は問題なく、与えた飼い葉はきちんと食べて非常に良いコンディションを保っているので、今後も馬の成長を観察しながら、徐々に負荷を強めていければと考えています」馬体重444kg

    • 2021.03.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

      担当者「リフレッシュ後は、再び坂路調教と周回コースでの長めの乗り運動を行っています。この中間はこちらの指示に対する従順さが格段に増し、それに伴い身体のバランスが良くなってきたように思います。少しずつ成長してきた馬体はまだ細めではあるものの、年明け当初と比べ力強さが増してきていることがはっきりと見て取れます。ここまで調教のペースを少しずつ上げていますが、まだまだ成長途上であり、あまり無理をさせられない状況ですので、多少時間がかかろうとも焦らずに、馬の成長に合わせながら進めていければと思います。ドレフォン産駒の特徴が全体的にどう出ているのかはわかりませんが、本馬に関しては前向きさがあって、走る意欲に満ち溢れており、どちらかと言えば脚取りは軽い方ですね。単純なパワータイプではなく、ゆくゆくは身体のバネを活かした走りができるようになればと思っています」馬体重437㎏

    • 2021.02.05 最新情報

      競走馬名が決定しました。

      競走馬名:テキサスフィズ
      欧字表記:Texas Fizz
      意味由来:カクテル名。父の生産国と母名より連想

    • 2021.02.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:ウォーキングマシン

      担当者「この中間はこれまでの疲れを取る為にリフレッシュ期間を設けました。それまで週1回周回コースで軽めのキャンター2,500mに加え、週2回坂路でハロン16~17秒のキャンターを2本行っていましたが、乗り込んで行くにつれて伸びやかな走りが見られるようになりました。以前はピッチ走法で慌てて走っているような感じでしたが、今では焦らず体を上手に使ってリズムよく走ってくれるようになりましたし、それだけ逞しくなってきている証拠だと思います。乗り込んでどれだけ気持ちが入ってくるのか気に掛けていましたが、ムキになることもなく、落ち着きを保っていますし、今のところ父譲りの短距離向きというだけでもないような気がします。運動後もこの馬なりに飼い葉を食べており、少しずつ体重が増えているように成長が感じられますし、今の雰囲気を保ちつつ、跳びが大きく伸びのある走りを身につけられるよう鍛えていきます」馬体重444kg

    LOAD MORE

    動画

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る