close

シルク・ホースクラブ

ようこそ
ゲストさま

HORSES INFORMATIONルコントブルー

募集総額
1,600万円
一口出資額
32,000
  •  4月17日 ノーザンファーム空港

  •  3月1日ノーザンファーム空港

  •  ノーザンファーム空港2月9日

  •  ノーザンファーム空港1月12日

  •  12月17日ノーザンファーム空港

  •  11月12日ノーザンファーム空港

  •  10月16日ノーザンファーム空港

  •  9月25日ノーザンファーム空港

  •  8月28日ノーザンファーム空港

  •  7月21日早来ファーム

  •  早来ファーム

    性別 メス クラス 新馬
    生年月日 2017年4月17日 生産 白老ファーム
    厩舎 関東 勢司和浩 キズナ
    毛色 黒鹿毛 (母の父) シェアザストーリー (コマンダーインチーフ)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2019.05.15 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「ハロン15秒ペースにもだいぶ対応できるようになってきていたことから、この中間から坂路コースのペースをハロン14秒にまで上げています。継続して鍛えていく必要はあるものの、ペースアップ後も大きな問題なく対応できており、大型馬らしいパワフルで雄大な走りを見せてくれています。まだ成長途上の段階ではありますが、少しずつトモの緩さも解消されてきていて、この馬なりに力が付いてきている印象です。引き続きこれくらいのペースで乗り込んでいき、基礎強化に努めていきたいですね」馬体重528㎏

    • 2019.05.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「4月中旬にリフレッシュのためウォーキングマシンのみの運動に止めましたが、下旬から坂路コースでの運動を再開しています。現在は週4日登坂していますが、しっかりとリフレッシュ出来たことで、跳びの大きくパワフルなフットワークで最後まで駆け上がれていますね。大型馬ということもあり、まだまだ緩くトモに力が付き切っていない現状ですが、継続した乗り込みで少しずつ競走馬らしい体付きに変わってきている印象を受けます。脚元や飼い葉食いに問題はなく順調に進められていますので、この波を崩さず調整していきたいですね」馬体重526㎏

    • 2019.04.15 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「徐々にハロン15秒ペースにも対応できるようになってきましたので、この中間は周回コースでの長距離の運動を増やし、心肺機能の強化を図っています。牝馬とは思えないほどの馬格をしていますが、だいぶ馬体は引き締まってきているものの、まだまだ緩さがありますし、もう少し中身の方も充実してくるのを待ちたいですね。体調面や脚元には問題ありませんし、ここまで順調に調教が進められていますので、早めの移動を視野に入れつつ、恵まれた馬体を活かした走りが出来るようにサポートしていきたいと思います」馬体重524㎏

    • 2019.04.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「3月上旬にリフレッシュを挟みましたが、現在は週3回の坂路調教を行い、それに加えて周回コースでの乗り運動も開始し、休養前から運動量を増やしました。坂路では週2回は15-15の調教を行っており、何とか対応していますが、スタートは少しモタモタするので、その辺りはまだ改善の余地がありますね。ストライドの大きいダイナミックな走りをするので、それを更に伸ばしつつ、同時に力を付けていければと思います」馬体重534㎏

    • 2019.03.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「この中間、蹄叉へチップが刺さってしまった影響で曳き運動に止めていましたが、すぐに痛みもひいて乗り運動を再開しております。バーシューズをつけて患部を保護しているので坂路でハロン15秒台のペースまで上げて運動することができており、ストライドが大きくゆったりとした動きで登坂していますよ。トモに力がついてきて、フォームを崩さずに最後までしっかりと駆け上がることができています。馬格があるタイプですが、重苦しくはなく発達してきたトモの筋肉がしっかりと機能していることを感じますね。2月11日よりリフレッシュ目的で1週間マシンのみで調整していましたが、乗り出し後はすぐに速いペースにも慣れたので、まだまだ余裕がありそうです。リフレッシュ明けなので少し馬体に余裕がありますので、今後もハロン15秒を継続して、しっかりと負荷をかけて乗り込んでいこうと考えています。飼い食いもいいですし、毛ヅヤも冬毛が抜け始めてきており、とても良い調子を維持できています」馬体重540kg

    • 2019.02.04 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:曳き運動

      担当者「先週末に蹄叉へチップが刺さって傷が出来てしまいました。痛みがあるので騎乗運動は控えて曳き運動で経過を見ています。刺さった個所は装蹄師に削ってもらい、バーシューズで保護しています。この時期ですので無理をする必要はありませんし、騎乗調教再開までにはしばらく時間が必要だと思います」

    • 2019.02.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

      担当者「1歩1歩が非常に大きくゆったりとした走りに加えて、併せ馬では勝負根性を見せています。また、大きな馬体で背中も安定しており、この時期にしては力強いキャンターで坂路を登坂していますね。ペース自体は先月と変わりませんが、明らかに動きは良くなってきていますから、今後がますます楽しみになってきました。ただ、1つ心配な点は脚元に疲れが溜まりやすい点です。体重がありますからどうしても脚元に掛かる負担は大きくなってしまいます。それでも現時点は歩様に見せることはありませんし、この状態なら更にペースを上げても大丈夫でしょう。距離に関しては短いところと言うよりは広いコースでゆったりと運べる距離の方が合いそうで、走りを見てもダートでパワーを活かせるような競馬が向いているように思えます」馬体重534kg

    LOAD MORE

    動画

    LOAD MORE

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る