HORSE INFORMATION グラマラスライフ

  • 募集総額
  • :
  • 3,200万円
  • 一口出資額
  • :
  • 64,000
  • 満口
  • 申し込み口数
  • 性別
  • メス
  • 毛色
  • 黒鹿毛
  • 生年月日
  • 2015年1月31日
  • クラス
  • 新馬
  • 厩舎
  • 関東 田村康仁 厩舎
  • 生産
  • ノーザンファーム
  • ハーツクライ
  • (母の父)
  • プリティカリーナ(Seeking the Gold)
  • 英語名
  • Glamorous Life
  • 意味
  • 魅力的な人生

グラマラスライフの近況

2017/04/17 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回トレッドミルでハロン30秒のキャンター3~5分、残りの日は軽めの調整

担当者「先週はリフレッシュのためにウォーキングマシンでの運動に留め、この中間はトレッドミルでの運動を行っています。脚元はスッキリとして問題なく、冬毛も抜けて毛艶は良くなってきています。以前より飼い葉の食いが良くなり、残す量も随分減ってきて、その分腹回りもゆったりとして見えるのは良い傾向だと思います。馬体のハリも良く、バランスも整ってきて良い具合に成長してきていますので、状態を見ながら坂路入り再開のタイミングを図っていきたいと思います」馬体重476kg

2017/04/01 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~19秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間もハロン16秒ペースを中心に乗り込んでいますが、同じペースで上がっている感じでも終い15秒になることもあり、段々とストライドが大きくなっているように感じます。また先月からそう感じていましたが、馬体の方はキ甲が少し高くなり胸が深くなってきたように思いますね。近い内にハロン15秒ペースに移行していき、3ハロン45秒をある程度長い期間乗り込む必要はありますが、順調に進めていければ夏には移動の目途も立ってくるのではないかと思います」馬体重467kg

2017/03/02 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週3回は軽めの調整

担当者「この中間も坂路で乗り込んでいますが、本数を重ねていく毎に、楽に登坂するようになりました。以前は馬込みに入れると、ムキになるところが窺えましたが、だいぶコントロールが利くようになり、集中力が増してきました。トモ高でややアンバランスな形になっていましたが、ここに来てキ甲が少し高くなり、胴が伸びたことで、だいぶ大人の体つきになってきました。調教に関しては順調そのもので、走りのバランスが良く、軸がしっかりしていることもあり、騎乗していても安定感抜群です。手応えも他馬と比較しても余裕があり、能力の高さがこちらに伝わってくるぐらいです。体調面は良好なものの、飼い葉食いが細い馬なので、なるべく調教メニューを工夫しながら馬体を維持していきたいと思います。」馬体重457kg

2017/02/13 <最新情報>

競走馬名が決定しました。

競走馬名:グラマラスライフ
欧字表記:Glamorous Life
意味由来:魅力的な人生

2017/02/02 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週3回は軽めの調整

担当者「順調に坂路調教を行っています。体重的にはあまり変わりませんがトモの筋肉がよく発達してきておりパワーアップしているのを感じます。より実戦を意識して前に馬を置いて我慢させることを覚えさせているのですが、当初は時々カッとなる場面もありましたが徐々に落ち着いてきました。もっと時計を詰めようと思えば可能な状態ですが、トモが高くなり馬体が変化してきている段階なので無理にペースアップはせずに、成長に回すエネルギーをしっかり取らせることが今は大事でしょう。やや喰いが細いのは残りますが、脚元に問題が出ることはありませんし、馬体の変化を見ながらこれからも取り組んでいきたいと思います」馬体重457kg

2017/01/05 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~19秒のキャンター2本、週3回はウォーキングマシン1時間

担当者「この中間も順調で、厩舎の中でも進んだ組に属しています。1日おきに坂路を2本、1本目はハロン19秒、2本目は16~17秒で登坂しています。同じ坂路での調教でも、併せ馬、後ろから追走、そして単走と様々なパターンで調教していますが、そのすべてに対応し手応え十分の動きをみせています。もともと人目を引く馬体ですが、自在な調教をこなしていくことでトモに張りがでて、肩周りの筋肉が充実し、高いレベルで好調を維持しています。課題をあげるとすれば、少々喰いが細い面があるところでしょうか。素質馬ですので、調子がいいからといってオーバーワークにならないよう注意し、マシンのみの日を設定するなどして、本馬にとって適切なトレーニングを意識して今後も乗り込んでいきます」馬体重460kg

2016/12/01 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを2本、残りの日はウォーキングマシン

担当者「引き続き順調に調教を進めています。ハロン17秒にペースを上げてからも、しっかりとした手応えで登坂しています。ストライドが大きくなってきたこともいい傾向ですね。ペースアップしてもムキになって力むことがなく、コントロールもしやすい状態が続いています。脚元は問題なく毛艶も良好ですし、飼い食いも良く体調に関しては言うことありません。ここに来て背中の筋肉が付き更にパワーアップした印象を受けます。現在はハロン17秒までペースを上げていますが、問題なければ年内に16秒ペースまで進めておきたいですね。馬体のバランスがよく、完成するまでそれほど時間はかからないでしょう」

2016/11/01 <所有馬情報>

プリティカリーナの15

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在は週3回屋内坂路コースでハロン19~20秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,400mのメニューを行っています。馬体のバランスがとても良く、特にトモの筋肉のボリュームは牡馬のようです。乗っていて少々前捌きが硬めで、まだ非力な印象を受けますが、乗り味そのものは悪くありません。調教中も余計なことをしない落ち着きのある馬で、ゴネたり物見をすることもほとんどありません。とても大人びた性格で、乗っていて安定感がありますね。今後は馬体の成長に合わせた調教メニューを組み、色々なパターンで負荷を掛けながら心身ともに鍛えていきます」馬体重470㎏

2016/10/07 <所有馬情報>

プリティカリーナの15

在厩場所:10月3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは日中放牧と毎日ウォーキングマシンでの運動を行っていました。馴致は洗い場で馬体を洗うところまで進んでいます。人の手を煩わすことなくスムーズに行うことができました。順応性の高さを見せているので、育成厩舎でのブレーキングもスムーズに行えることでしょう。放牧地では柔軟性のある素軽い走りを見せていましたし、将来が楽しみですね」馬体重480㎏

2016/10/03 <最新情報>

プリティカリーナの15
 3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。

2016/09/16 <最新情報>

プリティカリーナの15
 測尺(2016年9月中旬)

体 高:153.0 cm
胸 囲:175.0 cm
管 囲:19.5 cm
馬体重:469kg

グラマラスライフ の成績

新馬0-0-0-00戦0勝

出走日 開催地 レース 頭数 時刻 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果

  • 競走馬用ファンドについて
  • お申し込み方法
  • 会員特典
  • 出資と分配の仕組みについて
よくあるご質問
お問い合わせ
カタログ請求

お客さまサポート

  • よくあるご質問
  • ご意見・お問い合わせ
  • パスワードお問い合わせ
  • 資料請求
2015年度1歳馬募集 通常募集受付開始 募集期間 : 10月14日(水)~
  • 募集馬リスト
  • 募集馬最新情報
  • 注目の募集馬
  • 募集馬最新動画
    募集馬検討会動画
無料 カタログ請求 入会案内の無料カタログはこちらから
2015年度1歳馬募集 通常募集受付開始 募集期間 : 10月14日(水)~