close

シルク・ホースクラブ

ようこそ
ゲストさま

HORSES INFORMATIONデイトンウェイ

募集総額
1,800万円
一口出資額
36,000
  •  12月18日 ノーザンファーム早来

  •  11月21日 ノーザンファーム早来

  •  10月16日 ノーザンファーム早来

  •  9月19日 ノーザンファーム早来

  •  8月22日 ノーザンファーム早来

  •  7月22日 ノーザンファームYearling

  •  ノーザンファームYearling

    性別 クラス 新馬
    生年月日 2018年3月12日 生産 ノーザンファーム
    厩舎 栗東 野中賢二 リアルインパクト
    毛色 栗毛 (母の父) ビバリーヒルズ (スニッツェル)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2020.01.24 最新情報

      競走馬名が決定しました。

      競走馬名:デイトンウェイ
      欧字表記:Dayton Way
      意味由来:ビバリーヒルズにある通りの名称。母名より連想

    • 2019.12.31 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,800m、週2回トレッドミルで軽めのキャンター

      担当者「この中間も同じ調教メニューを継続して乗り込むことができています。先月までは前に重心が掛かった走りをしていましたが、ここ数週間で体が引き締まり、体力もついてきて体全体を使ったフォームで走ることができるようになってきています。また、相変わらず前向きで、坂路コースの入り口からスタートダッシュも良く駆け上がってくれています。道中の手応えもしっかりとしていていますし、ラスト1ハロンはギアを上げることができますから、日々、動きが良化してきているのを感じています。体調面はこの時期ですから多少の冬毛は出ていますが、健康状態は良好です。今後も体全体を使ったフォームを意識した調教を継続することで、トモを鍛えていくつもりです。また、皮膚病が出た時期もありましたから、疲れが溜まらないように馬の様子に注意してリフレッシュをも取り入れながら調教の負荷を高めていきます」馬体重468kg

    • 2019.12.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,800m、週2回トレッドミルで軽めのキャンター

      担当者「坂路で乗り出した後も順調に進められており、現在は週1回周回コースでの運動と、週2回坂路でハロン16秒のペースで登坂しています。道中はやや前に重心が掛かった走りですが、その中でも前向きな性格から、行きっぷりが良く、最後まで頑張って走ろうとする姿勢が窺えますから、今後も体全体を使いながら走らせるようにフォームを意識した運動を継続していきたいと思います。以前より動きは確実に良くなってきていますし、トモがしっかりすれば、より良い力強さが見られるようになるでしょう。コンディションの方も皮膚病は治まり、それ以外も特に気になるところはありませんし、飼い葉食いも良いですよ」馬体重486kg

    • 2019.11.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

      担当者「この中間は皮膚病をケアしながらマシンでの運動を行っていましたが、徐々に皮膚の具合も良くなってきたので、現在は坂路での運動を開始しています。運動メニューは週1回ロンギ場、週2回はマシン、週1回は周回コース、残りの日は坂路でハロン16~17秒の調教を行っており、しっかりと負荷を高めることができています。運動を中止していた間に増えてしまった体重ですが、継続した運動を行っているので、すぐに引き締まってくると思います。フレームはやや小さめですが、腹回りはしっかりしていますね。坂路調教を行える基礎体力はついているのですが、ロンギ場での走りがやや前のめりのバランスなので、もう少し現在のペースを維持してフォームを意識した運動を行っていくつもりです。精神面は乗り出しても落ち着いていますし、気になるところはありません。飼い食いも残さず食べていますから、状態面は確実に上向いてきています」馬体重480kg

    • 2019.10.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

      担当者「ロンギ場で乗り出す予定でしたが、この中間、皮膚病が少し出てきたので無理をせず、ウォーキングマシンのみの運動に止めています。皮膚病が出る前は、トレッドミルと廊下で騎乗するまで進めておりましたので、体調が上向き次第、ロンギ場での騎乗運動を行う予定です。運動を中止していますので、体重がかなり増えてしまっていますが、新陳代謝が良い方ですので動かしていけば、そう時間がかかることなく適正な体重に戻ると考えています。精神面はやや寂しがり屋な面がありますが、洗い場で1頭でも落ち着いて対処できるようになってきていますよ。飼い食いは良すぎるくらいですし、脚元等にいまのところ問題はありませんので、皮膚病が治り次第、負荷を高めていきます」馬体重478kg

    LOAD MORE

    動画

    LOAD MORE

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る