close

シルク・ホースクラブ

ようこそ
ゲストさま

HORSES INFORMATIONピラミマの18

申し訳ございません。システムメンテナンス中の為ご利用できません

募集総額
5,000万円
一口出資額
100,000
  •  12月9日 ノーザンファーム空港

  •  11月13日 ノーザンファーム空港

  •  10月10日 ノーザンファーム空港

  •  9月20日 ノーザンファーム空港

  •  8月26日 ノーザンファーム空港

  •  7月22日 ノーザンファームYearling

  •  ノーザンファームYearling

    性別 メス クラス 新馬
    生年月日 2018年4月16日 生産 ノーザンファーム
    厩舎 美浦 藤沢和雄 ハーツクライ
    毛色 黒鹿毛 (母の父) ピラミマ (Unbridled's Song)
    • 満口

    近況

    検索
    • 2019.12.31 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「この中間も坂路コースと周回コースで乗り運動を続けており、それぞれペースも少しずつ上げています。周回コースでは、騎乗者の指示よりもオーバーペースになってしまうと身体が伸び切ってしまう傾向にあるので、ペースをしっかり守って身体の可動域を広げるような走りを目指しています。逆に坂路調教ではペースを上げて身体を伸ばすような走りをさせており、調教に強弱をつけて身体の使い方を教えているところです。調教を進めると気性難が出てくるかと心配していましたが、今のところそういう面は見せていません。また、調教強度が上がったせいか飼い食いのペースが遅くなってきましたが、完食できているのでさほど問題はないでしょう。ただ、今後も適度にリフレッシュを挟みながら調整を続けていきます」馬体重471㎏

    • 2019.12.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
      調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

      担当者「本格的に調教を進めておりますが、懸念されていた気性面は問題なく、とても真面目に取り組めていますね。ペースが遅い周回コースでのキャンターでは、上手く体を使って前後肢ともに踏み込みの深い走りを見せていますね。そして、最近は骨格こそ大きく変わってはいないものの、腹回りが引き締まって、より競走馬らしい馬体に変化を遂げてきています。強いて気になる点を挙げるとすれば、坂路で動き過ぎるところがありますので、折り合い面は特に気を付けながら進めていかないといけませんね。また、今後はリフレッシュを取り入れつつ、疲れを溜めすぎないよう努めていきます」馬体重478kg

    • 2019.11.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

      担当者「この中間は週2回屋内坂路コースでハロン19~20秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整といったメニューをこなしています。坂路・周回ともに、徐々にキャンターのスピードアップを図っていますが、今のところ特に問題なくきているものの、やはり精神面には繊細な部分を感じますから、よく気を付けていきたいところです。調教の負荷を強めてからも飼い葉食いはそこまで落ちていませんし、馬体も徐々に成長してきている感じがしますね。半姉のルナシオンが先月デビュー勝ちしましたし、兄姉の活躍に続けるようにしっかりとトレーニングに励んでいければと思います」馬体重482kg

    • 2019.10.01 所有馬情報

      在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 

      担当者「グランドワークと鞍付け馴致を順調に消化し、9月上旬には集団での乗り運動を始めていましたが、少し疲れが出たので1週間ほど休養を取りました。疲労回復後に再び乗り運動を開始し、9月中旬には初めて周回コースと坂路コースに入りました。現在は週3回坂路コースでハロン20秒のキャンターとそれ以外の日は周回コースを軽めのキャンターで1,500m乗り込んでいます。疲れが出た時は飼い食いが少し落ちて、気持ちもやや落ち込んでいるかなという印象を受けたぐらいで、馬体が減ったり毛艶が落ちたりということはありませんでした。ここまでコンディションを高いところで維持できていますので、そういう点でもポテンシャルを感じますね。これから調教を進めていく中で、課題となってきそうなのは精神面なので、馬の繊細な気持ちを最優先して調教メニューを組んでいきます。乗り手としては、キャンターの動きは今のところいじらずに、まずは常歩での動きや操縦性をつくっていき、そこから馬体の成長に合わせて調教中の動きを求めていきたいと思います」馬体重473㎏

    LOAD MORE

    動画

    LOAD MORE

    成績

    0戦0勝 0-0-0-0

    出走日 開催地 レース 頭数 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果
    一覧へ戻る