HORSE INFORMATION アルモニカ

  • 2017/06/03 アフリカンピアノの15

  • 2017/05/01 アフリカンピアノの15

  • 2017/04/01 アフリカンピアノの15

  • 2017/03/02 アフリカンピアノの15

  • 2017/02/02 アフリカンピアノの15

  • 2017/01/05 アフリカンピアノの15

  • 2016/12/01 アフリカンピアノの15

  • 2016/11/05 アフリカンピアノの15

  • 2016/10/13 アフリカンピアノの15

  • 2016/09/16 アフリカンピアノの15

  • 募集総額
  • :
  • 1,800万円
  • 一口出資額
  • :
  • 36,000
  • 満口
  • 申し込み口数
  • 性別
  • メス
  • 毛色
  • 黒鹿毛
  • 生年月日
  • 2015年5月7日
  • クラス
  • 新馬
  • 厩舎
  • 関西 西村真幸 厩舎
  • 生産
  • ノーザンファーム
  • ロードカナロア
  • (母の父)
  • アフリカンピアノ(ディープインパクト)
  • 英語名
  • Armonica
  • 意味
  • 共鳴するガラスからの音で音楽を奏する楽器

アルモニカの近況

  • 期間指定 検索

2017/06/15 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~20秒のキャンター2本、週1回周回コースでキャンター2,400m、残りの日は軽めの調整

担当者「ペースを落として馬体の回復に努めていましたが、この中間から元のメニューに戻して調教を行っています。ガラッと変わった感じはしませんが、飼い葉食いが良いことで、筋肉の量が増えていい具合に成長が窺えますよ。調教では根が真面目で一生懸命ですから、周りの影響を受けやすいところがあるので、そのあたりをしっかりコントロールできるように今後も調教を継続していきたいと思います」馬体重437kg

2017/06/01 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は若干ペースを緩めて馬体回復に努める為、坂路で週に3回ハロン17秒の調教メニューに切り替えています。馬の成長を待ちながら進めてきたこともあって、走りはずいぶん落ち着きが出て、がむしゃらな感じがなくなってきました。それによって、一歩一歩しっかり踏み込んだ力強いキャンターをするようになりました。馬体重はさほど変わりありませんが、筋肉量が増え、トモのボリュームが一回り大きくなったように感じます。体調面はまったく問題ありませんので、再びハロン15~16秒の調教を行っていきたいと思います」馬体重430kg

2017/05/15 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~20秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調そのもので、坂路を2本と負荷を高めた調教を行っております。坂路1本目は、ハロン20秒と抑えて走らせているのですが、しっかりと我慢するところは我慢して、折り合って走れています。そして、2本目はハロン16秒と苦しいはずですが、前向きに最後まで登坂することができており、体力がついてきたことを感じます。キ甲が抜けてきて、前後のバランスが良くなりましたし、継続した調教によって馬体に張りが出てきましたね。毛ヅヤも輝いています。馬体重も乗り込んでいるのに430キロ台後半と増えてきており、体調面にいまのところ問題はありません。今後はこの好調期間を長く継続できるよう注意しながら調整していきます」馬体重436㎏

2017/05/01 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で先月と同じメニューで調教を行っています。やはり先月調教量を減らしたことが、ここにきて良い状態を維持できている一番の原因ですね。走る時に力みがなくなりましたし、柔軟性のある動きで登坂することができています。特に表情が穏やかになったのは良い傾向ですね。精神面に余裕があり、調教時は従順ですし、スイッチを入れればサッと調教に入ることができます。今後はこの状態を維持しつつ、さらに調教量やペースを上げていくつもりです」馬体重428㎏

2017/04/17 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~20秒のキャンター2本、週1回周回コースでキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から週2回の坂路調教を2本に増やし、1本目をハロン20秒、2本目をハロン16~17秒のペースで登坂しています。以前と比べ落ち着きが出てきた分、力みがなくなり、硬さが取れて柔らかい動きになってきました。それに伴いコントロール性もアップしていますし、跨った感触も安定感が出てきました。まだ細かい部分でのコントロールが利きにくいので、その辺りを改善していくのが今後の課題ですね。飼い葉食い・脚元・体調面は引き続き問題ありません。実際、筋肉の張りや毛艶などは以前よりかなり上向いてきていますよ」馬体重426㎏

2017/04/01 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は馬の成長を図るため、週3回の坂路調教を2回に減らしたことで、馬体のボリュームが増し、グッといい体つきになってきました。馬も元気一杯になっていますが、その反面、基本的な部分では落ち着きも出てきて、精神状態もとても良好です。今後はこの状態をキープしたまま、徐々に調教量やペースを上げていきたいですね」馬体重426㎏

2017/03/02 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間からハロン16秒までペースを上げて乗り込んでいます。少し馬体が寂しく映ったので、2月上旬にリフレッシュを挟んだところ、馬体が戻ったのに加えて、さらに成長してボリュームアップしましたね。坂路での走りにも力強さが増して、操縦性も上がってきています。走ることに対してかなり前向きで、グイグイと良い手応えで登坂してくれるのですが、前向きになり過ぎてもいけませんので、今後は我慢することを覚えさせ、前重心のところを後ろに重心を置いてしっかりトモを使って走ることを教えていきたいと思います。脚元や体調面に問題なく、飼い葉食いも良好で、性格的にはまだまだ子供っぽいところはありますが、この馬なりに少しずつ大人になってきています。今後としてはこれくらいのペースでの乗り込みを続け、体力の付き具合を見ながら、ペースアップするタイミングを図っていきたいと思います」馬体重420kg

アルモニカ の成績

新馬0-0-0-00戦0勝

出走日 開催地 レース 頭数 時刻 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果

  • 競走馬用ファンドについて
  • お申し込み方法
  • 会員特典
  • 出資と分配の仕組みについて
よくあるご質問
お問い合わせ
カタログ請求

お客さまサポート

  • よくあるご質問
  • ご意見・お問い合わせ
  • パスワードお問い合わせ
  • 資料請求
2015年度1歳馬募集 通常募集受付開始 募集期間 : 10月14日(水)~
  • 募集馬リスト
  • 募集馬最新情報
  • 注目の募集馬
  • 募集馬最新動画
    募集馬検討会動画
無料 カタログ請求 入会案内の無料カタログはこちらから
2015年度1歳馬募集 通常募集受付開始 募集期間 : 10月14日(水)~