HORSE INFORMATION オルボンディール

  • 募集総額
  • :
  • 2,500万円
  • 一口出資額
  • :
  • 50,000
  • 満口
  • 申し込み口数
  • 性別
  • メス
  • 毛色
  • 黒鹿毛
  • 生年月日
  • 2015年2月3日
  • クラス
  • 新馬
  • 厩舎
  • 関西 西園正都 厩舎
  • 生産
  • 白老ファーム
  • ステイゴールド
  • (母の父)
  • サダムグランジュテ(キングカメハメハ)
  • 英語名
  • Or bondir
  • 意味
  • 金に跳ねる(仏)。父名、母名より連想

オルボンディールの近況

2017/04/17 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター3,000m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で気性面も落ち着いていることから、坂路調教のペースをハロン15秒まで上げて乗り運動を行っています。この1カ月で調教量、ペースともに負荷を高めた調教を行っておりますが、こちらの予定通りのメニューを着実に消化することができています。より実践的な調教をしていくことで余分な脂肪が落ち、凹凸がはっきりした馬体になってきています。順調ですが、父の産駒は急に気性面に問題をかかえることもあるので、油断はせずリフレッシュを取り入れながら、気持ちが張り過ぎないよう注意して進めていきます」馬体重431㎏

2017/04/01 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター3,000m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、坂路調教の本数を2本と調教量を増やしています。登坂2本の内容もハロン16秒と高い負荷をかけていますが、まったく問題にせず気合満々に最後までしっかりと登坂しており、抑えるのが大変な程です。多少、神経質な面を見せ始めましたが扱うのに問題のない程度です。ここまで順調に進めてきているので、今後はペースアップよりも気性面に注意しながら進めていきます」馬体重435㎏

2017/03/02 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター3,000m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路調教のペースをハロン16秒に上げていますが、最後までしっかりした脚取りで登坂しています。相変わらずセンスのよさを感じさせる走りをしていますよ。少しずつ馬体もしっかりしてきましたし、毛艶もよくなってきました。飼い葉も残さずに食べてくれますし体調面は良好です。気性に関しては、いい意味での気の強さを見せていますが、普段の扱いに困るようなことはなく、その点ではしっかりと成長してくれています。調教時の動きや体調面などが、とても安定していて安心して進めていける一頭です」馬体重445㎏

2017/02/13 <最新情報>

競走馬名が決定しました。

競走馬名:オルボンディール
欧字表記:Or bondir
意味由来:金に跳ねる(仏)。父名、母名より連想

2017/02/02 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も状態面は変わらず良好で、飼い葉食いも良く馬体重も確実に増加しており、脚元を含めて特に不安な点はありません。坂路では以前よりも徐々に前向きさが出てきて、現在のペースでも手応え楽に登坂できるようになってきました。お母さんはダートの短いところで活躍しましたが、乗った感触からすると、本馬の場合は芝のマイル前後が活躍の舞台になってきそうで、2歳の暮れからの大きい路線に乗せたい一頭です。馬に対しては負けん気の強さを見せる時がありますが、人に対して悪さをするということはこれまで通りありません。乗り込む毎に走りのフォームが少しずつ良くなっていますが、今後はもう少しストライドを大きく、力強い動きができるように調教を進めていきたいと思います」馬体重449㎏

2017/01/05 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も周回コースと坂路で調教を行い、現在は坂路でハロン17秒までペースを上げています。今のメニューでも楽にこなしてくれていますし、だいぶ気持ちの面も前向きさを出していい意味で乗ってきました。集団での調教は、馬に対して負けん気の強さをたまに見せる時があるので、そのあたりを走る方向へ促していきたいと思います。体調面は特に不安な点もありませんし、飼い葉をしっかり食べていることで、ボディーコンディションは良好ですから、あとはトモのボリュームが出ればグラマラスな馬体になってくれるでしょう。今後も運動量を増やしながら鍛えていきたいと思います」馬体重436kg

2016/12/01 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター3,000m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、リフレッシュを終え乗り運動を再開しています。先月までは、力んで走るところがありましたが、基本的には素直な性格なのでコースに慣れるにつれて最近ではリラックスして走れています。現在のペースの調教では余裕がある為か、毛ヅヤはそこまでいい状態とはなりませんが、特に不安なところもなく、飼葉もしっかりと食べていて筋肉も必要な箇所につき始めています。本馬の長所は、馬体の前後のバランスが良く、安定した走りができていることですね。引き続き運動量を増やして代謝を良くしてしっかりと汗をかかせて、体も鍛えていきます」馬体重440kg

2016/11/01 <所有馬情報>

サダムグランジュテの15

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「馴致はひと通りの慣らしも終わり、リフレッシュを兼ねて一息入れました。馴致開始当初は背中に力み易いところが窺えましたが、基本的には素直な性格の持ち主ですから、時間の経過とともに落ち着いて馴致を行えるようになりましたし、状態面も飼い葉を残さずしっかり食べてくれています。キャンターの身のこなしはとても良くストライドも伸びますし、力強い動きをしていますので、今後はダートでの周回と坂路調教を開始して、成長を促していきたいと思っています」馬体重445kg

2016/10/07 <所有馬情報>

サダムグランジュテの15

在厩場所:10月3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

早来ファーム担当者「こちらでは夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っていました。恵まれた馬格は初仔とは思えぬほどボリューム感に富み、さらに伸びやかで均整が取れていて素晴らしい見映えです。放牧地で見せる全身をいっぱいに使った完歩の大きい走りに、高い運動能力を確認できます。父産駒ならではの気の強さはありますが、人間の意志をきちんと汲み取れる聡明さを持ち合わせていて、心強く感じますね」馬体重465㎏

2016/10/03 <最新情報>

サダムグランジュテの15
 3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。

2016/09/16 <最新情報>

サダムグランジュテの15
 測尺(2016年9月中旬)

体 高:155.0 cm
胸 囲:173.0 cm
管 囲:20.2 cm
馬体重:466kg

オルボンディール の成績

新馬0-0-0-00戦0勝

出走日 開催地 レース 頭数 時刻 レース名 コース 斤量 騎手 人気 結果

  • 競走馬用ファンドについて
  • お申し込み方法
  • 会員特典
  • 出資と分配の仕組みについて
よくあるご質問
お問い合わせ
カタログ請求

お客さまサポート

  • よくあるご質問
  • ご意見・お問い合わせ
  • パスワードお問い合わせ
  • 資料請求
2015年度1歳馬募集 通常募集受付開始 募集期間 : 10月14日(水)~
  • 募集馬リスト
  • 募集馬最新情報
  • 注目の募集馬
  • 募集馬最新動画
    募集馬検討会動画
無料 カタログ請求 入会案内の無料カタログはこちらから
2015年度1歳馬募集 通常募集受付開始 募集期間 : 10月14日(水)~